土地を売るときのまとめ

土地を売る際に査定を不動産会社にお願いした場合、土地価格を出す様々な方法があります。
その方法によっては提示される金額が変化する場合もあります。しかしおおよそ不動産会社が用いる価格を算出する方法は近隣の成約した事例を基に査定物件の金額を求める方法を使っています。
これまでに査定物件の近くの物件がこの金額で売却されているから査定物件と比較しされた物件よりすぐれているかどうかにより求めます。
{直近の相場で計算するこの方法は公的機関が発表している基準値地価や地価公示よりもより適切な価格を算出することができます。
ですが、査定を依頼した物件近辺に成約物件がなかった場合は現在売りに出されている同じ地域の物件を比較するか、もしくは収益率をみて価格を計算する方法もあります。

土地には最適な用途があります。土地自体はこれから活用方法次第でどんな物にもなります。家屋を建てたり店を建てたり、月極駐車場に活用したり、ビルを建てたりとさまざまなものに変えられます。
ゆえにその地区にあった最適な用途というものがあります。自動車がたくさん通る表通りの土地を住宅にしたり、近くに家がない場所の土地を駐車場にしたりなどは最適とは言えません。
それぞれの地域により住宅用地、駐車場用地、と分ける事によりその用途に最適な広さがあるか、その用途にするにあたりどのような利益が生まれるかなどを考えれば適した用途の価格が出ます。

土地売却おすすめサイトはこちら

土地の売却や活用や査定などに関して 土地・マンション・戸建・不動産・売却について

CORESV 相互リンクSEO-P-Link ver3.5Darkkhaki 相互リンクSeo-P-Link ver3.4Seo-P-link ディレクトリ