ちばぎんカードローン審査

ちばぎんカードローンなら、アルバイト・パート・派遣の方でも借り入れOK!年4.3%〜14.8%と低金利。MAX500万円の借入。!

千葉銀行ロゴ ちばぎんカードローン口コミ・評判による審査について

ちばぎんカードローンは、アルバイト/派遣/パートでも借入れできる!年4.3%〜14.8%と低金利。最大500万円まで借入。!!


ちばぎんカードローンなら、アルバイト・パート・派遣の方でも借り入れOK!年4.3%〜14.8%と低金利。MAX500万円の借入。!

ちばぎんカードローンのスペック一覧

千葉銀行 ローンカード■商品名正式名称
ちばぎんカードローン


■利用頂ける対象者
・申込する際の年齢が満20歳以上〜満65歳未満の方。
・、毎月安定し継続した収入のある方、もしくは、配偶者に安定した収入がある専業主婦の方。
・住家、もしくはお勤め先の所在地がちばぎん本支店の営業地域内にある方。(インターネット支店を使用の場合は、住家の所在地がインターネット支店の営業地域内にある方。)
・エム・ユー信用保証(株)の保証が受けられる方。
・他にクイックパワー、クイックパワー<アドバンス>のカードローンを持っていない方。


■使用用途
自由。(他の借入のおまとめにも利用になれます。)
ただし、事業性資金は除く。


■契約期間
1年
※1年ごとの自動更新


■借り入れ方法
利用限度額の範囲内でインターネットバンキング・テレフォンバンキングまたはICローンカードにより随時貸出ます。
・インターネットバンキング・テレフォンバンキングを使用の場合は、
借入金は指定の預金口座への入金により交付。
・「ICローンカード」を使用の場合は、ATMにて貸出ます。
※ICローンカードの到着前、またはインターネットバンキング・テレフォンバンキングでの借り入れが可能となる前に借り入れを希望の場合は、店頭で当座貸越金支払い請求書を使うことにより貸出します。


■借り入れ限度額
30万円〜500万円以内
※借入極度額は審査により決定。
・利用限度額
1.借り入れ期間中、当初設定した借り入れ極度額の範囲内で、実際に借入いただける}「使用限度額」を増額させていただくことがございます。(利用限度額が0円になる場合もあります。)
2.利用限度額を変更した場合は、変更後に当行よりすみやかに「使用限度額変更のお知らせ」を届け出のご住所宛に送ります。
※借入単位
1回あたりの借入れ金額は1円単位。


■融資利率
(実質年率)
4.3%〜14.8%
※実質金利は審査により決定します。
※毎日の当行所定の利子を適用します。利子情勢により変動される。


■返済方法
毎月1日(約定返済日)に借入残高に応じて、指定された預金口座から自動振替により返金いただきます。
またATM、インターネットバンキング・テレフォンバンキングおよび店頭での随時の返金も可能です。

50万円まで:10,000円
50万円〜100万円まで:20,000円
100万円〜200万円以下 30,000円
200万円〜300万円まで 50,000円
300万円〜400万円以下:70,000円
400万円〜500万円以下:90,000円


■借入れ利率
年4.3%〜年14.8%
※借入利率は審査により決定します。※毎日の当行所定の{利率を適用します。利率情勢により変動します。


■利息
約定返金日に前1か月分を借入元金に組入れます。なお、解約時には未払金利を一括して精算させていただきます。毎日の最終残高について、付利単位100円、1年を365日とした日割りにより計算します。


■利用限度額の減額・増額
ちばぎんおよび保証会社では、定期的にお客さまの信用状態に関する審査をさせていただいており、借入れ期間中に当初設定した借り入れ極限額の範囲内で、使用制限額を減額(または増額)させてもらうことが{あります|ございます}。(使用限度額が0円になる場合もあります。)
使用限度額が減額となった時でも、使用限度額の範囲内であれば繰り返し使用できます。
(使用限度額が0円の場合は利用いただけません。)使用制限額が減額(または0円)となった場合でも、従来どおり借入れ残高に応じた月々の約定返金は必要となります。


■借入の停止・解約
毎月の約定返済を延滞された場合は、新たな借入れを停止させていただきます。
毎月の約定返済を遅滞された場合は、新規借入れを停止します。


■手数料
ICローンカードを再発行する場合、再発行手数料 1,080円を申し受けます。当初のカード発行手数料は無料です。


■カードローン入金サービス
カードローン口座設置時(ローンカード交付前)や極度増額時に、借入れを希望される場合、借入極限額を制限として債務者の定められた預金口座に入金することが可能です。


■自動融資サービス
指定の預金口座の公共料金などの引落の際、預金の残金が不足していても、その不足分を自動的に借入する「自動融資サービス」の取扱いが可能です。


■手続きに必要な書類
WEB完了申込:提出書類はありません。
上記以外:自己の確認資料の写し【現住所の記載があるもの】
(1)運転免許証
(2)パスポート
(3)身分証明書
(4)資格証
(5)在留カード
(6)住民基本台帳カード 等
※上記以外の書類が必要となる場合もあるので、事前に了知ください。


■その他、参考となる事項
ちばぎんホームページ、FAX、電話、郵送、モバイルサイトで申込が可能です。
借り入れ極限額の設定後に、ICローンカードを申請の住所に簡易書留郵便で送りいたします。


■担保・連帯保証人
担保・連帯保証人は不要です。


■提携信用情報機関
◆全国銀行個人信用情報センター
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
TEL:03-3214-5020
ホームページアドレス:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/

 

千葉銀行カードローンTOP

 

 

{まずは自分の信用情報請求で{自分の信用を確認|信用情報を把握すれば審査をパスしやすい時期がわかる!

千葉銀行 ローンカード カードローン利用の際、審査の時には個人の信用情報を基に審査が行われることはご存知のことだろうと思います。
ですが、自らの信用情報がどのようになっているのか、わかりませんよね。
実は自身の信用情報は、信用情報を集積している会社に開示を求めれば見ることが可能なのです。
ある意味では、自分の信用情報をまず知ることが審査に通る融資のためのウラワザと言っても過言ではないでしょう。

日本における信用情報を保存している会社は、主に「全国銀行個人信用センター(全銀協)」、「日本信用情報機構(JICC)」「シー・アイ・シー(CIC)」の3社です。
3種類もあると、すべてに開示を請求しないと意味がないの?とお思いになるでしょうが、この3社は{それぞれ|各自|各社]が単独で信用情報を所有しているわけではありません。
それぞれが得た情報を互いに共有しています。ですから、ひとまずはどこか1社に開示請求をすれば問題ないでしょう。

主に全銀協はアイフルなどの銀行キャッシング、JICCはみずほ銀行など消費者金融、クレジットカード会社や信販会社(@など)はCIC、と情報請求している信用情報は違っているので、審査を受けたいと思っているカードローン会社が使っているところを基に選択するのがいいでしょう。
全部見なければ気が済まなであれば、複数に開示請求をしても問題はありません。

開示の請求方法は、郵送とインターネットから、または実際に信用情報機関を訪問して行います。開示請求方法や手数料などは各信用情報機関の解説を参照してください。

さて、確認できる信用情報は主に、氏名や住所などの「本人自体の情報」、申込の事実や延滞・自己破産などの金融事故情報といった「支払い状況に関する情報」の2つがあり、融資において重要なのは後者の「支払い状況に関する情報」になります。
ですので、開示した信用情報が到着したら、この「支払い状況に関する情報」の情報を見ます。
たとえば、5ヵ月前に申込の記録があったとしましょう。

申込の記録は最大でも6ヵ月しか残りませんから、1ヵ月だけ待てば過去の申込の情報が閲覧わからなくなりますので、お金を借りられる可能性があがりますよね。
このように、審査を受ける時期の目安ににもなりますので、確認してみることをおススメします。

 

↓↓お申込み・詳細はこちら↓↓

?



●オススメ業者比較